購入してから数年しか乗っていない車でもそれが自分のものなら愛着が湧くでしょう。勿論、車の手入れはバッチリで、こだわりのホイールなどを搭載しているなどの自信があっても、もしも売却することになったら高い値段で売れるだろう。愛車で、いろんな所に出かけた楽しい思い出がある訳だし、この車で何処まで行った!とか、自分の想い出も搭載されているのですもの!なので、その愛車をもしも手放すというなら、やはり満足いく値段でないと売りたくないし売らないだろう。

そんな時の為に賢く車を売る方法をお教えしよう。買取業者に売却する場合は、査定額はパーツごとに算出するようになっています。たとえばホイールならホイール単体で、カーナビが高級であればそれもそれなりの値段になります。そして値段の決め手になるのが車種の人気度になります。多くの人が欲しがるような車種であれば、車の買取業者も、すぐに高値で売る事が出来るので、査定額も高額になるというわけです。ですので、買い取りで車を手放す場合には、年式が新しく人気のある車の場合は、高額になり易いと言われています。

そうでなく下取りにした場合、一般的に査定額が買取りよりも低いと思われているようですが、そんな事はありません。「新車を買ってくれるなら不人気の車種でも高く下取りしますよ」ということで、買取業者が余り買いたがらない車でも、高値で引き取ってくれる場合もあります。まずは、どちらの方法が車を上手に売却できるか見極めることが大事です。
中古車一括査定